Thumbnail

あの人気アニメの声が話題のドラマでも聞ける!? 注目のドラマ3選!

今、日本語吹替え版の海外ドラマが大きな注目を集めているのをご存知ですか?

 

そのワケは、アメリカの人気俳優たちの吹き替えを、日本のアニメで活躍する多くの人気声優が担当していて、作品の面白さにさらなる深みを与えているから。

 

そこで今回は、人気声優陣が担当していて注目度が高く、しかも2018年のお正月にBSテレビ局Dlife(ディーライフ)で無料放送される3作品をご紹介します♪

 

お正月はDlifeの「新春!ドラマラソン」>

※放送は終了いたしました。

 

イケメン&イケボイスを楽しむなら『マクガイバー』に決まり! 宮野真守(通称まも♡)が好演中!


 

1本目のおすすめ作品は、『マクガイバー』。

 

この作品の主人公マクガイバー(愛称マック)に抜擢されたのは、注目の若手俳優ルーカス・ティル! 映画『X-MEN』シリーズへの出演や、あのテイラー・スイフトの元カレとしても話題を集めた人気のイケメン俳優です♪

 

 

このマックの吹き替えを担当するのは、こちらもイケメンとしてアイドル並みの人気を博す声優の宮野真守さん。

 

『DEATH NOTE』の夜神月役や『うたの☆プリンスさまっ♪』の一ノ瀬トキヤ役など、話題のアニメに出演するにとどまらず、活躍はミュージカルやライブにまで及ぶほど!

 

とにかくとにかく! 今、宮野さんを知らないのはマズいレベルで大注目&大人気の存在です。

 

 

ストーリーは、表向きはシンクタンクに勤務する好青年マックが、実はアメリカ合衆国政府の秘密組織のエージェントという裏の顔を持つところからスタート

 

マックには「決して銃を使わない」というポリシーがあり、代わりに使うのが豊富な科学の知識! マサチューセッツ工科大学で学び、米軍で爆弾物処理班として勤務した経歴を生かして、身のまわりのあらゆるものを使ってピンチを切り抜け事件を解決していきます。

 

 

例えばコピー用紙。テロリストに包囲されてしまった時、そばにあったコピー用紙を見て、何枚重ねたら銃弾を防げるかを一瞬で計算して盾にしちゃったことも。

 

屈託のない少年のような笑顔を見せるマックの機転の良さ。そして大人の自由研究かと思うほどの科学マジックを披露するシーンは、間違いなく見所のひとつ!

 

そんなマックのギャップやノリのよさは、宮野さんにも共通している気がする!? イケメン&イケボを今すぐチェックしてみて!

 

■マクガイバー シーズン1

もっと見る>

 

 

IQ197の天才オタク集団のリーダー、ウォルターの吹き替えを担当するのは杉田智和さん!


 

続いて紹介するのは、登場人物のキャラが個性的すぎる『スコーピオン』。

 

行動心理学や、機械工学、数学など各分野の天才ながらも社会性がまったくない最強(?)チームが、それぞれの能力を活かして事件を解決していく、全米でも大きなヒットを飛ばしている人気ドラマです。

 

この天才チームの中でも、もっとも社会性に欠けるのがチームリーダーのウォルター。IQ197の持ち主であり、11歳の時にNASAのコンピューターをハッキングしたことがきっかけとなり、政府への技術協力をするように。

 

 

 

この天才ウォルターの吹き替えを担当するのは、『銀魂』坂田銀時役をはじめ、『ジョジョの奇妙な冒険』のジョセフ・ジョースターや『涼宮ハルヒの憂鬱』キョン役を演じたことで知られる、杉田智和さん。

 

出演するラジオ番組で繰り広げられるユーモアたっぷりのトークは、熱狂的なファンを魅了し続けています。

 

 

しかもこの作品、1話で完結するストーリー、さらに映画のような迫力で、シーズン途中から見始めても絶対楽しめますよ!

 

■スコーピオン シーズン1

もっと見る>

 

 

声優界のレジェンド大塚芳忠さんが殺し屋になりきる!今大人気のドラマ『ブラックリスト』


 

そして、最後におすすめするのは『ブラックリスト』。

 

闇の犯罪者リストを手にしているうえに、自分自身もFBIの最重要指名手配犯である、通称“レッド”ことレイモンド・レディントン。

 

このレッドは、“犯罪コンシェルジュ”として数々の凶悪事件に関わるかなりヤバい奴。そもそも犯罪コンシェルジュって…そんな職業に就く人物がどう登場するのかだけでも一見の価値あり(笑)。

 

 

しかも、このレッドを演じるのは名優ジェームス・スペイダー。カンヌ国際映画祭主演男優賞など数々の賞を受賞していて、ハリウッドではレジェンド的存在です。

 

 

そのレッドの吹き替えを担当するのが、こちらも声優界のレジェンド大塚芳忠さん。

 

そのキャリアは80年代から始まり、『うる星やつら』や『スラムダンク』、『名探偵コナン』や『NARUTO』など作品を挙げれば切りがなく、人気作品には常に大塚さんがいるといっても過言ではないほど!

 

レッドの悪役オーラに負けないほどの存在感を放っている大塚さんの声が、より一層ダークな部分を際立たせ、すごい力で作品に引き込んでいくんです。

 

 

そして、時折しか見せないレッドの人間らしい感情の細かな動きを、絶妙な声の使い分けで演じていて、声優界のレジェンドと言われる所以が垣間見られます。

 

作品の魅力を底上げしている大塚さんの声を、無料BSテレビ局Dlifeでぜひチェックしてみて! 1月1~3日にはシーズン1全話が一挙放送されますよ!

 

■ブラックリスト シーズン1

もっと見る>

 


スター俳優の声を、声優界のスターたちが吹き替えかるからこそ面白さが増す3作品をご紹介しました。しかも、これらがすべて“無料”で楽しめるのはDlifeだけ! お正月のTV番組に飽きたら、チャンネルを無料BSテレビ局Dlifeに合わせてみてくださいね♪

 

お正月はDlifeの「新春!ドラマラソン」>

※放送は終了いたしました。

 

文章/木川誠子