Night manager 480

トム・ヒドルストンのスパイ役がかっこよすぎ! “男の魅力”全開の主演ドラマに注目

『アベンジャーズ』『マイティー・ソー』シリーズのロキ役で知られるトム・ヒドルストンが主演を務めるドラマナイト・マネジャー』。ゴールデングローブ賞テレビ部門主要賞を総ナメした本作が、いよいよ4月21日にから日本初放送される。

 

作品のクオリティの高さは、既に世界中で話題になっているが、加えてロキ役とは一味も二味も違う、男の魅力全開のトム・ヒドルストンがとにかくかっこよすぎる! 日本初放送を前に、盛り上がりを見せる本作の魅力を紹介していきたい。

 

 

本作は、イギリス文学界の重鎮、ジョン・ル・カレの同名小説を原作としたスパイドラマ。

元イギリス軍兵士で、ホテルのナイト・マネジャー(夜間支配人)を務めるジョナサン・パイン(トム・ヒドルストン)と悪名高い武器ディーラー、リチャード・ローパー(ヒュー・ローリー)の男の戦いを描く。

 

そもそも、原作者のル・カレはイギリスの諜報機関に実際に所属していた経歴を持ち、リアリティー溢れるスパイ小説を多数発表した作家だ。数々の作品が映画化されているが、その中でも、本作はその複雑なストーリーから映像化は困難と言われていた作品。

そんな傑作小説が、実力派スタッフや俳優たちによって見事に映像化されている。

また、1993年に発表された原作を、現代に設定変更しているのもポイント。第1話では、“アラブの春”に揺れるエジプト・カイロが舞台となり、より物語に入りやすい世界観が構築されている。

 

そんな本作で、やはり最大の注目点は、主人公のジョナサンを演じるトム・ヒドルストンであろう。トムといえば、『マイティー・ソー』シリーズの“憎めない”悪役、ロキ役のイメージが強いが、本作ではロキ役から一転し、スーツを着こなし、ホテル宿泊客にスマートな対応をする“デキる男”を演じる。

 

さらに、お酒を煽ってセクシーに女性を魅了したり、愛する女性を守るため奮闘し、危険な場面で機転を利かせてたくましさを見せたりと、女性がキュンキュンするような男の魅力全開の姿が見られる。また、濃厚なラブシーンも演じており、イギリスで放送された当時は、SNSがこの話題で独占されたというほど、大きな反響を呼んだ。

 

トムの本作への熱量は相当なもので、リチャード・ローパー役のヒュー・ローリーと共に、本作への出演を熱望し、エグゼクティヴ・プロデューサーを務めるほど、本作に深い思いを持って臨んでいる。
二人が、その繊細な表現力で魅せる心理戦は必見だ!


 

そして、ドラマファンだけではなく、映画ファンの心を掴んだポイントが本作の監督をスサンネ・ビアが務めているということ。彼女は、2010年に『未来を生きる君たちへ』でアカデミー賞外国語映画賞にも輝いた注目の監督で、2015年には第28回東京国際映画祭のコンペティション部門審査員も務めた人物だ。人間の内面を描くことに秀でている彼女が、本作では観ているこちらが手に汗にぎるほどのリアリティーを持って、ヒリヒリするような水面下の戦いを緻密に描き出している。

 

本国アメリカでは、放送開始直後から各賞のノミネートが囁かれ、実際に2016年のプライムタイム・エミー賞の監督賞、ゴールデングローブ賞のドラマ部門主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞を受賞した。一流俳優たちの名演技が、ゴールデングローブ賞のテレビ部門主要賞を総ナメにしたこの結果は、さらに大きな話題となり、シーズン2の製作が企画中であるという報道も飛び出している。

 

スパイ映画の代表『007』のようなド派手なアクションシーンはないが、リアルで本格的なスパイ作品として、ドラマ好きのみならず映画ファンをも魅了するクオリティを持ち、トムの代表作の一つとなった本作をお見逃しなく。

 

 


▶︎【放送情報】「ナイト・マネジャー」日本初放送で 4月21日(土)スタート

毎週土曜22:00放送 ほか 

 

 

 © Dlife © 2015 The Night Manager Limited. All Rights Reserved.