Wc main

マッチョブーム到来?女子が飛びつきたくなる“バッキバキ”の海ドラのイケメン俳優

草食系男子ブームはもう古い!

今や、マッチョカフェなるものが存在し、マッチョと一緒に旅行に行けるツアーが人気を博しているなど、日本は空前のマッチョブームを迎えている。厚い胸板、盛り上がった上腕二頭筋、6つに割れた腹筋にキュンキュンする女子が増殖中なのだ。

今回は、そんな女子たちに、海外ドラマに出演中のイケメンマッチョ俳優たちを紹介したい。

 

天才的なテクニックと頭脳を持った詐欺師・ニールと、堅実な捜査で実績を積んできたFBI捜査官・ピーターがコンビを組み、知的犯罪事件を捜査していく『ホワイトカラー』。

スリリングな展開とこれまでにない捜査で視聴者をくぎ付けにしている本作だが、マッチョ好き女子に注目してもらいたいのは、ニール役のマット・ボマーだ。

 

 

マットは、セミロングの髪型がセクシーな、女性人気の高いイケメン俳優。本作では、セクシーで洗練された魅力溢れる詐欺師として、スーツをバリッと着こなすかっこよさが印象的。いわゆる“細マッチョ”で、その整った体つきはスーツの上からでもわかるほど!肉体に気を取られて、ストーリーが入ってこない…なんてことにならないように注意が必要かも?

そんな女子を惹きつけてやまないマットだが、私生活では2012年にゲイを公表。その後は、パートナーの男性と結婚し、代理母出産で得た3人の子どもを育てるパパでもある。

 

バージニア州クワンティコに実在するFBIアカデミーを舞台に、巧妙に仕組まれた陰謀を追う新人捜査官たちを描いたクライム・サスペンス『クワンティコ』に出演中のジェイク・マクラフリンも注目だ。

 

 

ジェイクは、主人公のアレックスとともに陰謀に迫る元海兵隊員で、潜入捜査を目的にFBIアカデミーに入学したライアン・ブース役を熱演。

実は、ジェイクは俳優になる前は米陸軍の兵士で、イラク勤務を経験したという経歴を持っている。作中ではFBIアカデミーの授業の一環として様々な訓練をする姿も映し出されるが、それが実に様になっているのは、彼にとってはそれが「リアル」だから。

軍隊仕込みの筋肉も必見で、“ムキムキ”という効果音が聞こえてきそうなぐらい厚い胸板は見逃せない!

 

FBI行動分析課のメンバーたちが、プロファイリングを駆使して犯罪者たちを追い詰めていく『クリミナル・マインド』からは、デレク・モーガン役のシェマー・ムーアを推薦!

 

 

デレクは、チームのムードメーカーで、肉体派。事件現場に一番に突入するなど、犯人と対峙するのを厭わない捜査官だ。そんな役柄ゆえか、シェマーは鍛え上げられたムキムキの筋肉を、作中で存分に披露している。Tシャツを着ていてもわかる胸筋&二頭筋で派手なアクション繰り広げる姿は必見だ!

 

女性法人類学者テンペランス・ブレナンが、現場に遺された被害者の骨から事件を解決に導いていく『BONES』。本作で、FBI殺人捜査班の特別捜査員シーリー・ブースを演じるデヴィッド・ボレアナズもマッチョイケメン!

 

 

1999年には、米国People誌の「最も美しい50人」に選ばれた経歴を持つなど、そのルックスは折り紙付き。

作中では、基本的にスーツを着ているので、彼のマッチョさの全貌が見られる機会は少ないが、その広い肩幅、服を着ていてもわかる腕の太さからは、女子のハートをくすぐるマッチョ感が漂っている!スーツ姿から、彼のマッチョさを想像するのも、本作を楽しむポイントだ。

 

今回紹介した作品以外にも“ゴリマッチョ”“アスリート系マッチョ”など様々な種類のマッチョと出会える海外ドラマ。

まだ、マッチョブームに乗れていない人はこれを機会に視点を変えて、是非一度見てみて欲しい!きっと虜になるはずだ。


▶︎ Dlifeの放送情報を見る

▶︎<無料>見逃し配信を見る