Bodi main

マッチョでイケメン、でもめっちゃ硬派な獣医師に夢中! ~人気イラストレーターが海外ドラマを見てみたら~

またまたコラムを書かせていただきます。

イラストレーターのカツヤマです。

 

さてさて今回紹介するのは『ボンダイビーチ動物病院』のシーズン4。

 

Dlife兄さんはいつになったらシーズン1からのドラマを見せてくれるのでしょうか…。

私は何を試されているのでしょうか…。

 

それはさておき『ボンダイビーチ動物病院』はドラマではなくドキュメンタリー。

オーストラリアのボンダイビーチにある動物病院で働くマッチョなイケメン獣医クリス・ブラウンが主人公。

 

オープニングでは

サーフィンシーンを楽しむクリス

ランニングを楽しむクリス

患者である動物たちとたわむれるクリス…

 

これでもかとTHEイケメンマッチョでしかも獣医!

青い海をバックに白い歯キラーーーン!な映像に眼球が奥へ窪み目が空洞化しそうでしたが、そこはグッとこらえて見始めました。

イケメン要素が楽しい人もいると思いますが(つーか、そっちが大半だろ)、私はTHEのつくようなイケメンが苦手なのです…。

見ているとこっちが気恥ずかしくなってしまうのです。すみません。

 

と、最初からイケメン推しの映像を見せられたので

「軟派な野郎が動物の手当してみんなハッピー!な展開じゃろ?」と鼻白んで見ていたところ、これがまた裏切られる。

 

治療を施す動物たちのケガや病気はかなり深刻なもので九死に一生を得たような瀕死の動物も登場する。傷口もモロに映しているので時には目を塞ぎたくなるような場面も。

日本の番組ではここまで映さないんじゃないだろうか…。

 

 

うーーん、めっちゃ硬派やん。

 

そんな状況の動物たちを必死で助けようとするクリス

そしてきっちり助けるクリス

助けた動物たちとたわむれるクリス…

 

サーフィンカットもランニングカットも許す!!!!

という気持ちになりましたよ。(何様…)

 

私の観たエピソードではすべての動物が助かり回復へ向かいましたが中には残念な結末になることもあるそう…。

体当たりで命と向き合っているのだからそれも現実。

 

一緒に観ていた子ども達も「死」と対面する場面はなかったもののヒドいケガの跡や飼い主たちの悲しむ場面をじっと見入ってました。

常々「犬か猫が飼いたい!」と言っている彼ら。今のところ飼う予定はないけれどそれにはどんな責任が伴うのか、少しでもわかってくれたらと思う。

 

 

と、重い話になったけれど回復した動物たちが飼い主の元に帰る瞬間は本当に感動する。

ベタだけど、彼らにとっては家族同然なのだな…。

 

ちなみに登場する動物はペットの犬や猫はもちろん、競走馬やエミュー(ダチョウみたいな鳥)、ウォンバットなど様々。

どんな動物にも的確な治療(時には出産まで!)を行うクリスを単純に「スゴいな!!!」と尊敬。

獣医になるには、いったい何種類の動物について学ばなきゃいけないんだろう…。

種類の数だけ病気も治療法も様々だろうに…。

 

息子(8歳)に「獣医になりたいか?」と聞くとまんざらでもなさそうだったのに競走馬の尿を採る場面で「無理…」と言っていた。

せめて血をみて諦めろよ!!!

 

娘(6歳)は見終わった後、メルちゃんの病院セットを出してきてぬいぐるみの熊に手当をしていた。なんともわかりやすい。

「獣医さんになる!」と覚えたての職業にすっかり憧れを抱いているご様子。

めちゃくちゃ大変そうだけど、そして明日には「アイドルになる!」と言ってそうだけど…頑張れ!!

 


『ボンダイビーチ動物病院』は毎週木曜7:00PMから放送中!

 

 

▶︎放送情報を見る

▶︎<無料>見逃し配信で今すぐ見る